おなかチェックカレンダー公開中!

ビフィズス菌の特徴と働き

ビフィズス菌を効果的に取れる食品 ヨーグルト以外では?

投稿日:

ヨーグルト以外にもビフィズス菌が取れる食品

ビフィズス菌は、腸内環境を整える善玉菌です。
腸内環境が整えば、お腹の調子がよくなるばかりか、肌が健康的になり、免疫力も強くなって、病気を寄せ付けなくなります。

それでは、どんな食品に含まれているのか、また、その働きを助ける食品があるのかを、見ていきましょう。

まず、ヨーグルト以外で多く含むものは、発酵食品といわれるものです。
具体的に言うと、醤油が挙げられます。

次は、漬物。
食物繊維が含まれているので、腸にとっては、ダブル効果があります。

三番目は、納豆です、納豆には、納豆菌もはいっていて、増殖を助けます。
是非とも食べるようにしましょう。

四番目は、黒酢です。
悪玉菌を抑える働きもあります。
便秘などにも効きます。

五番目は、みそです。
やはり含有量がかなり多いです。

六番目は、チーズです。

七番目は、乳酸菌飲料です。
ビフィズス菌を含んでいるものがあるので、そちらを選ぶようにします。

なお、ビフィズス菌には、動物性と植物性があります。
牛乳などの発酵食品に含まれる菌は、動物性。
米や大豆、野菜に生息する菌は、植物性です。
動物性に比べて、植物性のほうが、きつい環境の中でも生き残る率が高いです。

そして、酸に弱いという特徴もある菌なので、腸に届くまでに死んでしまうことが多いのですが、
植物性のほうが最後まで生き残る可能性があります。

ビフィズス菌を増やす食品

続いて、ビフィズス菌を増やすのに役立つものを紹介します。

真っ先に取り上げるべきは、オリゴ糖です。
オリゴ糖は、えさになって、増殖を促します。
オリゴ糖は種類がいくつもあります。
フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖などどのオリゴ糖も効果がありますが、特に乳果オリゴ糖と大豆オリゴ糖は増殖作用が強いです。
オリゴ糖を豊富に含む食品は、大豆、ゴボウ、アスパラガス、牛乳、玉ねぎなどです。

それから、はちみつやポン酢に含まれるグルコン酸も増殖の役に立ちます。

では、どのような食べ物がオリゴ糖の活性化にプラスになるかというと、ニンジンやバナナ、リンゴなどが代表的なものです。

あとは、食物繊維もしっかりと摂らなくてはいけません。
食物繊維は、ビフィズス菌が生息しやすい環境を整えます。
食物繊維が多く含まれる食品は、イモ、こんにゃく、ごぼう、干しシイタケ、唐辛子、豆類、きくらげなど多数あります。

悪玉菌を増やす食べ物もあります。
肉類や脂肪を大量に摂ると、悪玉菌を増やし、善玉菌の働きを抑えることになるので、ほどほどにしましょう。

ほかに注意すべき点は、毎日摂取しなければいけないということです。
時間がたつと、体外へ排出されてしまいます。
体内に残るものもありますが、せいぜい一週間くらいです。
定期的に体内に摂り入れてください。

また、酸に弱いと書いた通り、食べるタイミングも気を付けねばなりません。
一般に、食後は胃酸の出が鈍いので、このタイミングで摂取しましょう。

さらに多く含んでいるからといって、古くなったものは菌が活発でなくなっています。
できるだけ、消費期限内に食べるようにします。

上手に摂取して腸内環境を整えましょう

菌そのものは、年齢とともに減少します。
ストレスもよくないです。
上手にストレスを発散し、食べ物から補給することによって、一定量を維持しましょう。
悪玉菌に負けてはいけません。

食べ物からだけでは補いきれないと思ったら、サプリを試すという方法もあります。
含有量などを確かめて、購入してください。

以上、ビフィズス菌を効果的に食事からとる方法について書きましたが、そのものを摂取するだけでなく、活動を助け、増殖に手を貸してくれる成分も摂ったほうがいいことがわかります。
オリゴ糖、食物繊維を含んだ食べ物を合わせて食せば、効果は一層強まります。

おなかチェックカレンダー公開中!

初回限定23%OFF

-ビフィズス菌の特徴と働き
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ビフィーナSは効果あるのか?! 30日間使ってみた本気レビュー口コミ , 2017 AllRights Reserved.