おなかチェックカレンダー公開中!

ビフィズス菌の特徴と働き

ビフィズス菌が潰瘍性大腸炎にもたらす効果とは

投稿日:

潰瘍性大腸炎とは

潰瘍性大腸炎とは、下痢や血便、微熱そして腹痛が続く大腸の病気です。
この病気は年代に関わらず発症することで知られており、10代20代で発症してしまうことも少なくありません。
症状に共通点のある消化器系の病気のクローン病のように、原因が不明で特定疾患に指定されている難病でもあります。
放っておくと大腸がんのリスクになることも知られている、厄介な病気だということができるでしょう。
そして、潰瘍性大腸炎は寛解しても再燃するというのを繰り返す病気です。
そして食事が再燃のきっかけとなることも多く、患者は摂取する食事に強い制限を受けることになります。
そのため、特に若い世代には非常に治療が厳しいものだといえるでしょう。
ではこの疾患に対してビフィズス菌がもたらす効果とはどのようなものなのでしょうか。
それはこの疾患を多少なりとも緩和させるのでしょうか。
あるいは、寛解させることができるのでしょうか。

腸内の善玉菌を増えしてくれる

結論からいえば、ビフィズス菌が潰瘍性大腸炎の症状を必ず寛解させることはできないとしても、
少なからず症状を改善させられるということはいえそうです。
この疾患は寛解を迎えても、患者の多くが1年も経たずに再び症状が現れてしまうという特徴を持っています。
そのため、いかに長く寛解を続けられるか、そして症状が再燃してしまってもいかにそれらの症状を適切に抑えられるのかということが重要になってきます。
ビフィズス菌は多いにその助けをしてくれる存在だといえるでしょう。
この菌は、腸内にまで届いて整腸をする作用をもっています。
そして腸内の善玉菌を増えしてくれる助けをするのです。

サプリメントで気軽に摂取できる事が出来る

ただし、ビフィズス菌がこの疾患に効果を現すかどうかを試した臨床実験では、
種類を問わずこの菌を一日に非常に多く摂取することでようやく効果が現れるという結果がでています
(とはいうもののそう効果は大きく、大半の患者が症状の緩和を実感しています)。
この菌が含まれている代表的な食品としてはヨーグルトが知られていますが、とても1日で食べきれる量ではないのです。
そのため、食品からこの菌を摂取するのでは、潰瘍性大腸炎を緩和する程度の量のビフィズス菌を摂取するのは難しいことであるといえるでしょう。

それではどうすればよいかというと、この菌をサプリメントで摂取するしかないというのが現状です。
とはいうものの、ヨーグルトを毎日食べ続けることによっても多少の症状の緩和がみられるのも事実です。
ですから、サプリメントを飲みつつもヨーグルトを食べるというのが現実的な対応方法だといえるのかもしれません。
ただし、ヨーグルトは冷蔵庫で保存するため、冷たいものを食べることになります。
これが腸には悪いと考える向きもあるようです。
ですからなるべく早食いしないように摂取するのが重要だといえるでしょう。

継続的な摂取がとても大切

このように潰瘍性大腸炎においては、いかに症状を緩和させるのかが重要なことになってくるといえるでしょう。
つらい食事制限を強いられ、日々の食事に細心の注意を払わなければならないこの疾患においては、
サプリメントを摂取することやヨーグルトを食べ続けるという比較的容易な方法で改善がみこめます。
このことは、この疾患の患者にとって非常に有益な事実であるといえるでしょう。
またヨーグルトやサプリメントでビフィズス菌を摂取することで、寛解している期間が長くなるということも報告されています。
未だ謎が多く、決定的な治療が確率されていない潰瘍性大腸炎において、これほど確実性をもっている改善方法は他に類を見ないということができるのではないでしょうか。
そのため、ヨーグルトやサプリメントの継続的な摂取は、この病気の患者にとって強くすすめられるものなのです。

おなかチェックカレンダー公開中!

初回限定23%OFF

-ビフィズス菌の特徴と働き
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ビフィーナSは効果あるのか?! 30日間使ってみた本気レビュー口コミ , 2017 AllRights Reserved.