おなかチェックカレンダー公開中!

ビフィーナのあれこれ

ビフィズス菌やオリゴ糖の有名なサプリ、ビフィーナ

投稿日:

「腸活」という新たなジャンル

近年腸内環境を整えることの大切さが叫ばれるようになって、テレビ番組などでも度々取り上げられるようになってきました。
単に便秘解消の為というだけでなく、体内の免疫力の70%が腸で作られることもわかってきたことでアレルギーや自己免疫疾患、
またガンなどの様々な病気改善の為には早急な腸の改善が必須であるといわれ、「腸活」という新たなジャンルの名目でいろいろなサプリメント類も登場してくるようになりました。

「善玉菌」「悪玉菌」ともうひとつ「日和見菌」

腸内には良い便を作るために必要なビフィズス菌、乳酸菌が類する善玉菌と、便を悪くしてしまう腸に嬉しくない大腸菌などの悪玉菌、
そして特に良い働きも悪い働きもしないのだけど、すぐにどちらにでもなることも出来る日和見菌と呼ばれる3種類の菌群があり、
これらの菌の最もバランスのよい数の割合は、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7と言われていて、
このバランスが保てていると身体も健康でいられるのですが、大きく崩れると何らかの疾病を発症する可能性が出てきますし、
常態化すると生活習慣病なども招いてしまい、そこから様々な合併症を引き起すことにもなってしまいます。

このバランスを保ち、腸内を常に良い環境にしておく為には、善玉菌を増やすということが命題でもあり、これにより悪玉菌を減らすことが出来るというようになっています。

腸に直接ビフィズス菌を届けるサプリメント

私達日本人の現在の食生活は、肉やパンなどを中心とした欧米型になってきているのですが、これは大きく悪玉菌を増やす食事であって善玉菌は減る一方です。
また食事だけではなくストレスがかかることも善玉菌を減らしてしまう要因なので、多くの人の日常生活は腸内環境を悪くするようなものになってしまっています。

これらを改善するためには食生活の見直しも必要ですが、更に毎日サプリメントも摂るというような積極的な腸活を行うくらいでないとなかなか追いつきません。
腸内フローラというのはそのくらいすぐに悪玉菌が優勢になりやすいように出来ているのです。

では、具体的にどんなサプリメントを摂ればよいのでしょうか?たくさんのメーカーからいろんな種類のものが出ていて、
何を基準に選べば良いのかがよくわからないのが現状ですが、選び方の基準になるキーワードは「ビフィズス菌」と「オリゴ糖」この2つです。

ビフィズス菌は善玉菌そのものであり、オリゴ糖は善玉菌の餌となるものなのですが、ビフィズス菌の場合、最近は生きて腸まで届く、
いわゆるバイオプロティクスタイプが主流になってきていますが、オリゴ糖の方は数種類あり、
菌によって好む種類が違うので出来るだけ単種ではなく数種類を摂る方がよいということで、そういう意味でもサプリメントがより効率よく摂取出来るのです。

最初はこれらのサプリで、販売実績の高さやクチコミ評価などの高さから有名になっているものを選んでみることがベストともいえます。

ビフィーナが売れている理由

ビフィズス菌の場合はなんといっても「ビフィーナS」。
会社の信頼度も高く長年販売シェアNo1というこのサプリは菌の多さとカプセルの技術の高さで菌の生存率90%を誇ります。

オリゴ糖の方は、「カイテキオリゴ」が最も有名で、ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、セロオリゴ糖という4種類がブレンドされていて
純度は100%ではありませんが(他にショ糖を使用)これだけの種類を一度に摂れることが最大の魅力です。
しかし自分の腸内の定住菌により、合う合わないというのもありますので、摂取しても特に変化が出ないようなら別の種類に変更した方がよいかもわかりません。

他には、この両者を一緒にしたものを一流メーカー数社が出しています。
どちらかを単体で摂るよりも一緒に摂る方がよいという説もありますので、こういったものを試してみるというのも一計です。

おなかチェックカレンダー公開中!

初回限定23%OFF

-ビフィーナのあれこれ
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ビフィーナSは効果あるのか?! 30日間使ってみた本気レビュー口コミ , 2017 AllRights Reserved.