おなかチェックカレンダー公開中!

ビフィーナのあれこれ

ビフィーナって潰瘍性大腸炎にも効果があるの?

投稿日:

ビフィズス菌を生きたまま腸内にまで届ける乳酸菌健康食品

森下仁丹が販売しているビフィーナは、年齢を重ねていくと少しずつ数が減ってしまうビフィズス菌を補ってくれる乳酸菌健康食品です。

腸内には善玉菌と悪玉菌と呼ばれる菌がいて、善玉菌は日頃の生活習慣の乱れや加齢によってその数は減ってしまいます。
ビフィズス菌といえばヨーグルトや他のサプリなどにも入っていますが、腸に届くまでにほとんどが死滅してしまうと言われています。

ビフィーナは独自に開発したカプセルにビフィズス菌を入れることで、生きたまま腸内にまで届けることが出来ます。
ビフィズス菌が生きたまま届くのでその効果を最大限に発揮することが可能です。
味もレモン味なので誰でも飲みやすく毎日でも続けることが出来ます。

同じ腸の病気の一つに潰瘍性大腸炎

女性の悩みとして多いのが便秘ですが、これは腸内環境が整っていないために起こります。
腸内の環境が整っていないと便秘や下痢などの症状が出てしまい、日常生活でも気になって苦痛になることもあります。

腸内環境を整えるには善玉菌を増やして免疫力をアップさせることです。
そうすることで日常生活も何事もなく元気に過ごせます。
生きたまま乳酸菌が腸内にまで届くのその効果も早くでてきます。

腸の病気の一つに潰瘍性大腸炎があります。
これは難病として指定されている病気で症状が落ち付いたり、酷くなったりすることを何度も繰り返します。

免疫力を高めて、潰瘍性大腸炎を落ち着かせる

ビフィーナは潰瘍性大腸炎に悩んでいる人にもおすすめです。
含まれているビフィズス菌が腸内環境を整えてくれて免疫力を高めてくれるためです。

免疫力があがると潰瘍性大腸炎の症状も落ち着かせることが出来ます。
50億個ものビフィズス菌が生きたまま腸内人まで届くことでそれが可能になっています。

ビフィズス菌は善玉菌の約99.9%を占めていて身体にとっても大切な成分ですが、加齢とともにどんどん減ってしまいます。
ただ減ってしまっても体の外から常に新しいビフィズス菌を取りこむことで、腸内の細菌の数も増やせます。

潰瘍性大腸炎を改善したり少しでも症状を軽減するには、ビフィズス菌を積極的に毎日摂取することが大切です。
病院で処方された薬を飲みながら、ビフィーナでサポートしていけば腸内環境も早く整っていきます。

この病気だと食事制限などがあって腸管を刺激する脂っこいものや辛いもの、そして乳製品もあまり良くないといわれています。
乳製品を食べられない人や食べるのに不安がある場合は、ビフィーナを代わりに摂ることで病気の改善にも役立ちます。

おなかチェックカレンダー公開中!

初回限定23%OFF

-ビフィーナのあれこれ
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ビフィーナSは効果あるのか?! 30日間使ってみた本気レビュー口コミ , 2017 AllRights Reserved.