おなかチェックカレンダー公開中!

ビフィーナのあれこれ

妊娠中や授乳中にビフィーナは飲んでも平気なの?

投稿日:

妊娠中の便秘、その様々な原因

妊娠中や授乳中に便秘になるママは少なくありません。

ママの便秘には、さまざまな原因が考えられますが、不規則な食事や睡眠不足、不安などのストレスも一つの要因となります。
もし思い当たることがあったら、その要因を取り除く工夫を考えることが先決です。

ただ、それでもなかなか改善しない場合には、産婦人科を受診して、薬を処方してもらうことも必要です。

母乳育児中に、ママの食べるものや飲むものが原因で、赤ちゃんが便秘になることはありませんが、
ママが便秘しやすい体質の場合、赤ちゃんが体質を受け継いで便秘になる傾向はあります。
そのため、ママが便秘にならない環境を作ることも大事です。

まずは不足しがちな水分をしっかりとる

授乳中、ママが便秘になる原因には、赤ちゃんに母乳をあげることで、水分不足になり、便秘になる。
会陰切開の傷跡が痛くて、いきめない。
忙しくてゆっくりとトイレに行く時間がないといった理由が考えられます。

こうした原因によって、今まで便秘になったことがない人も便秘になることがありますから、自分なりの便秘対策を見つけることが大切です。

赤ちゃんに母乳をあげている授乳期間は、水分が不足しがちで、便秘になるケースも少なくありません。
そのため、普段から意識して水分をとることを心がけるとともに、朝起きてすぐに、コップ1杯の冷たい水を飲むと、
腸を刺激して自然に便意をもよおすことも多いので、試してみるとよいでしょう。

市販薬よりまずはサプリメントで

妊娠中や授乳中は、赤ちゃんのことを考えると、市販の便秘薬はなかなか飲むのを躊躇する人も少なくありません。

妊娠すると、ホルモンバランスが変化し、妊娠の維持に関与するプロゲステロンの分泌が活発になり、消化器官の筋肉を弛緩させて、腸の蠕動運動を弱めてしまいます。

これによって、摂取した食物を、腸内に長時間滞留させてしまい、できるだけ多くの栄養分を吸収して胎児の成長に回そうという働きによって、水分も吸収され、便が硬くなるため、妊婦の便秘を引き起こしてしまいます。

さらに、胎児の成長に伴って、肥大した子宮が胃や腸を圧迫し、便秘が引き起こされる原因となることもあります。
特に胎児が大きくなる妊娠中期以降は、便秘になる可能性が高くなります。

そのほかにも、排便時には、あまり意識していませんが、無意識に腹筋を使って腹圧をあげることで、排便していますが、運動不足によって腹筋が衰えると、腹圧をうまくあげることができずに、便秘になってしまいます。

市販薬には、子宮収縮作用を持つものもあるので、腸内環境を整えるヨーグルトや善玉菌配合の乳酸菌サプリメントのビフィーナなどを検討してみるとよいでしょう。

おなかチェックカレンダー公開中!

初回限定23%OFF

-ビフィーナのあれこれ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ビフィーナSは効果あるのか?! 30日間使ってみた本気レビュー口コミ , 2017 AllRights Reserved.